レンソイス旅行記③砂漠を一望できる【 Lagoa Bonitaツアー】へ!

ブラジル



さて、サン・ルイスの町からバヘリーニャスの町へと移動します!

事前にホテルで、乗り合いバス(という名のバン)を手配してもらっていたのですが。。。

もー、ぜんっぜん来ないっ!!!!(笑)

最初はブラジルだしなー、と余裕をかましていたのですが。

30分を越えたあたりからソワソワ。

結局1時間半遅れで到着。

まじか。。。

.

このときすでに午前9時。

事前に予約した午後ツアーが午後2時から。

バヘリーニャスまでは4時間から5時間かかります。

間に合うだろうか。。。

ドキドキの中での出発。

結局ギリギリで間に合ったんですが、道中ハラハラしっぱなしでした(;^ω^)

さて、目指すは【Lagoa Bonita 】

写真の車に乗り合いで向かいます。

.

色々ネットで調べて、人気があるツアーが【 Lagoa Bonita 】と【 Lagoa Azul 】のふたつでした。

どっちも素晴らしいらしいのですが、【 Lagoa Bonita 】の方が少し小高い丘みたいになっているらしく、全体を見渡せるらしいのです。

【Lagoa Bonita 】はポルトガル語で、美しい湖という意味。

期待が高まりますっ!!ヾ(*´∀`*)ノ

ちなみに町から【Lagoa Bonita 】までは、車で1時間半ほどかかります。

道中、川を渡る場面がありました。

船に車をのせて渡ります。

船待ちで大渋滞。

なかなか渡れません。

ここで30分くらい待ちました。

この川を船で渡ります。

なかなか立派な川です。

そりゃ渋滞も起きますなっ。

川を渡ってほどなく。

目的地っ!

最後の砂地の坂道が、ちょっとだけつらいです。

心の準備が足りなかった(笑)

ついたー!!!!

たまたま予定が重なった友人と集合!

そして記念撮影ヾ(*´∀`*)ノ

友人は日本からやってきたお友達2人を引き連れて、リオデジャネイロからここへ。

私はブラジリア経由でここへ。

語学留学生はサルバドールを経て、バスでここへ。

.

日本を基準に考えたらなかなかヘビーな集合場所ですが、ブラジルというひとつの国なので、ネットもつながり問題なく集合できましたヾ(*´∀`*)ノ

ちなみに、登りきった丘の後ろ側。

こちらはこちらで壮大です!

前側の砂漠とのギャップが、壮大さをよりアップっ!

それにしてもひろーいっ!!!

美しいー!!!!

GoPro撮影。

広すぎて、GoPro撮影でも全然写真におさまりませんっ!

GoPro撮影。

砂が白くて美しいですよー!

予想を上回る広大さに、テンションがあがります!

DCIM\101GOPRO\G0381374.JPG

GoPro撮影。

この隣の湖が有名な【 Lagoa Bonita 】なんですが、そっちは人が多すぎるから、と、ガイドさんが隣の湖に案内してくれました。

それでも十分大きいっ!

こんなでっかい湖が、この期間にしか現れないのです。

そう考えると、ほんとに不思議っ!

水もめちゃめちゃキレイですっ!

この湖には魚はいないんですが、魚が存在する湖もあります。

そしてそこが!

とっても不思議なところでありまして。

.

そもそもこの湖は、雨が降ってできあがったものなのです。

川とか海から流れてきたものではないのです。

それなのに魚が存在するんですよ!

雨期のこの時期だけなのに!!

ランダムにできる湖なのに!!!

不思議じゃないですかー?!!!!(大興奮。笑)

その謎はまだ解明されていないそうで。

地層的にも珍しい地層をしているらしく、研究者が謎を解くべく頑張っているそうです。

ミステリー!!!ヾ(*´∀`*)ノ

同じツアーのブラジル人家族。

弁護士さんですって(•∀•)♡

英語を話せるので、困ったら言ってね、と。

優しい( т_т )♡

(ワタシハ英語ハナセマセンケドネー)

ガイドさんが色々写真撮ってくれましたー!ヾ(*´∀`*)ノ

たーのーしーいー!(笑)

足跡ひとつない風紋が美しい。

ひと通り遊んだので、あとは夕日を待つのみです。

砂漠が雰囲気でてきましたよー!

夕日待ち。

ブラジルではなぜか、夕日が沈む瞬間拍手喝采が起こります。

なんでだろ?

ブラジルは大陸の東側に位置するので、地平線や水平線に沈む夕日を見るのが珍しいのでしょうか?

日が沈んでいきます。

なんだかさみしい。。。

.

しかし!

いつまでも感傷に浸っている暇はありません!

ガイドに急かされ、急いで帰路につきます!

なぜなら、行き以上の大渋滞があの川で起こるからです!

行きの時間はバラバラですが、帰りの時間はみんな一緒ですからね。

帰り道はみんな競うように、猛スピードで帰っていきます。

川の手前で待つ人々。

ちっちゃなおみやげやさんや食べ物屋さんが数軒あるので、ちょっとした時間つぶしにはなりますねー。

なかなかの時間をここで過ごし、宿についたのは21:30ごろ。

サン・ルイスからの長距離移動もあってヘロヘロの私たち。

町へとご飯を食べに行く気力もなく、その日は手持ちのおやつを食べて眠りにつきました。

次の日も、1日がっつりツアーに参加ですよー!ヾ(*´∀`*)ノ

.

参考までに、持っていったデジカメ。

SONY サイバーショット DSC-RX100。

2014年ごろに43,000円くらいで購入しました。

ミラーレスや一眼レフカメラとも迷いましたが、ズボラな私がレンズ交換などするはずないだろう、という友人のアドバイスから、コンデジにしました。

結果、そのとおりだったな、と大満足ですヾ(*´∀`*)ノ

私のGoProは古いものでHero6ですが、参考までに最新情報貼っておきます。

広角撮影するなら、やっぱり便利ですね。

色彩も白と青がはっきりしていて、個人的には好きな感じです(๑˃̵ᴗ˂̵)و

.

レンソイス旅行記④へと続く。



コメント

タイトルとURLをコピーしました