ウユニ塩湖旅行記②曇っていようが雷が走ろうが、ウユニ塩湖の魅力は変わらない

南米



初日午前中ウユニ塩湖ツアー。鏡に写った世界はまるで天国!

ウユニ塩湖1日目!ヾ(*´∀`*)ノ

ボリビア航空の飛行機に乗って、ラパスからウユニまでひとっ飛び。

↑ウユニの空港。

ちっちゃい!!(º ロ º )

世界的にも人気の観光地ですが、辺境ですしね。

空港にはほとんどなんにもないです。

プライベートツアーで予約しておいたので、ガイドさんが空港まで迎えに来てくれました。

とりあえず宿に行く前に、一度ウユニ塩湖へ!!

こんなとこまで来るくらいだから、とにかくウユニ塩湖みたいでしょ?と。

話のわかるガイドさんっ!!!(•∀•)♡

.

写真は空港からウユニ塩湖までの道のり。

なーんにもない(笑)

ウユニ塩湖の入り口ーヾ(*´∀`*)ノ

.

おおおおっ!

これが鏡と化した湖かぁ!!!

.

と、はしゃいで写真を撮っていたら、違ったらしい(笑)

ここはただの入り口の水たまり、と(笑)

でも悪いガイドさんにあたると、「これがウユニ塩湖だよ!」と言われるらしいので、要注意!

ほんとはまだまだ奥になるらしいんですが、働きたくない面倒くさがりのガイドさんにあたると、この入り口の辺りを見せて帰っちゃうんだそう。。。

それは無念すぎるっ!(;^ω^)

けど、どうやって注意したらよいのやら?(笑)

ガイドさんが最初に見せてくれたのは、一面の真っ白な塩の大地!

正直、この光景だけでもすごい!!

ウユニ塩湖の大きさは、約120キロ×約100キロ!

高低差もほとんどないので、とにかく見渡す限りの真っ平らな世界!

雪が降り積もったかのような真っ白な世界に、半袖で立っている不思議(笑)

今まで自分が見てきた世界と違いすぎて、ただただ呆然とするのみです!!!

.

ちなみに乾期の見どころが、この風景となります。

ヨーロッパの人たちは乾期によく来るそうですが、ガイドさん曰く、

.

「ヨーロッパの人たちは乾期にしか休みがとれない。

ほんとは雨期の景色のほうが好きだけど、仕方なく乾期に来ている人がほとんど。

日本の旅行雑誌に「ヨーロッパ人は乾期の風景が好き」とか書いてあるけど、嘘ばっかりだ(笑)」

.

と、毒づいていました(笑)

とりあえず記念に無敵Tシャツ写真撮っとこー(笑)

.

さて、白い大地を堪能したら、さっそく鏡と化した大地を探しに行きます。

ん?

そう!探しに行くんです!!!

私はてっきり、決まったスポットがあるんだと思ってたんですよー!

でも、自然が生み出すことなので、昨日あった場所に今日も水があるとは限らないんだそう。

約120キロ×約100キロもの面積の中、ひたすら探すって?!(笑)

そりゃ1日ががりだわ!(笑)

とはいえガイドさんが、昨日の雨が降った場所などを把握していて、ある程度の目星はつけてあるとのこと。

ということで、ピックアップトラックの後ろに乗せてもらって、しばらく走っていたら水場発見!!

鏡と化している!!!

.

ちなみに雨が降らなかったり、なんの手がかりもないと、それこそ1日中みんなで探し回るんだそう!!(º ロ º )

大変だー!!!!

すごいなー!!!!!

写真では伝わらないかもしれませんが、ほんとに天国感があります!!

なんせ360度どこを見てもこの景色ですからねー!!!

↑ガイドさんがiPhoneで撮ってくれました。

人が写っているほうが、なんとなく絵になりますねー。

↑お気に入りの無敵Tシャツを着て。

なんとか湖面に「無敵」の文字をうつしたいっ!(笑)

でも「絵にならないよ?」と、ガイドさんにバカにされました(爆)

自然の美しさの前では、人工物は無力、と。

確かにそうだけども!!!(笑)

↑来たときは水がたまっていた、ウユニ塩湖入り口付近。

この2、3時間の間に水がなくなっていました。

ここは水がたまりやすい場所なのに、それでも数時間で水がなくなり景色が変わってしまいます。

広いウユニ塩湖の中ならなおさら、とのこと。

地面が白色ではなく、薄ら汚れてますねー。

このあたりは風で、畑の土が飛んでくるんですって。

.

ひと通り楽しんだので、一旦お昼ご飯を食べに帰ります。

ガイドさん曰く、「ウユニ塩湖のキレイさはこんなもんじゃない」と。

とりあえず鏡面見せたんで、あとは落ち着いて最高の景色探しにいきましょう、とのこと。

私たちはウユニ塩湖の鏡面化した景色を見に来ました。

それが達成された今、ガイドさんのおかげで心にはかなりの余裕が広がっていました。

できるガイドさんっ!!!(º ロ º )

すごいっ!!

ガイドさんの車。

本当はガイドさんの車じゃなくて、運転手付きの車をレンタルするんだとか。

その場合、車代とかガソリン代とか必要になってくるそう。

でも今回は、いつもの運転手が都合つかなかったらしく?

ガイドさんのプライベートの車で案内してくれました。

ピックアップの車かっこいいー!!!!

.

塩湖をだいぶ走ったので、塩で汚れがすごい。

このまま街に行きたくない、とのことで途中で洗車。

ガソリンスタンドにて。

もちろん洗車機はなく、人力であります。

せっかくだから、車の中でその様子を見てました(*´罒`*)

なんか新鮮。

お昼ご飯と街のメイン通り

ガイドさんおすすめの店でお昼ご飯。

ガイドブックには、「ボリビアはご飯がおいしくない」って書いてあったんですけどね。

私にはすごく口に合いました。

.

チキンとじゃがいもをトマトソース?みたいなもので煮込んだものと、ピーナッツ?の仲間のスープ。

あと、高山病対策の一環としてコーラで糖分補給!

全体的に味は薄めでしたが、このとき、ブラジルのしょっぱい味付けにうんざりしていた頃なので(笑)

ちょうどよかったです(笑)

街のメインどおりはこんな感じ。

おみやげやさんがまぁまぁ。

しつこい客引きとかはほとんどないので、ゆっくり見て回ることができます。

午後ツアー。モニュメントと塩でできた休憩所

午後もまたウユニ塩湖内を散策します!

写真は塩で作られたモニュメント。

4mくらいの大きさで、人が乗ってもびくともしないとか!

塩のブロックて作られた休憩所。

本来はホテルらしいんですが、私が行ったときにはレストランのみ休憩スポットとして営業されてました。

休憩所なのでもちろんトイレも使えるんですが。。。

最悪でした。。。

めっちゃ汚いっ!!!

ガイドさん曰く、ここのトイレを使うくらいなら外でやったほうが衛生的に絶対いいよ!とのこと。。。

レストラン。

テーブルも椅子もぜーんぶ塩でできてます!

塩で作られたブロック。

人間の知恵ってすごいなー。

休憩所の前にはいろんな国の国旗が!

ブラジルもありましたっ(๑˃̵ᴗ˂̵)و

.

バイクでウユニ塩湖ツーリングだなんて、なんかおしゃれだなーってガイドさんに言ったら、

「塩でエンジンやられて立ち往生で終わりだよ。

バカだなー。」

と言われました(笑)

ガイドさん毒多めです(笑)

曇りだ!雨だ!雷だ!それでもウユニ塩湖は美しい!

なんだか奥が暗くなってきましたー!

雲が重たいですね。

.

無事に夕日が見れるだろうか???

雲が全体に広がってきました。

残念ながら夕日は見られなさそうですが、これはこれで面白い風景。

真っ暗になってきたー!

曇り空もしっかり湖に写し出されます。

すごいすごーい!ヾ(*´∀`*)ノ

ついに雨が降り出しました!

雨さえも反射しているのがわかりますでしょうか?!

こんな風景になるんだー!!

すごいなー!!!!

ついに雷が!!(º ロ º )

しっかり写し出されとるやないかいっ!!(º ロ º )

いや、むしろ湖面の方がはっきり写っている!

キャーキャーはしゃいでいたら、どんどん雨と雷が接近してまいりまして。

このあとは全速力で逃げ帰りました(笑)

たぶんほんとはものすごく危険。

何もないところだからこそ、車に雷がおちる確率は高いでしょうから( ¯−¯ )

まじで無事に帰ってこれてよかった(笑)

いい経験ができて満足です(笑)

街で夜ご飯を食べてたら、同級生に偶然再会した!

まさかまさかですが、大学時代の同級生に偶然再会しましたー!!!(º ロ º )

夜ご飯を食べていたら急に声をかけられて!

窓から姿が見えたから、と言ってやってきたのです!

ウユニ塩湖すごーいっ!(笑)

日本でさえ数年に1回くらいしか会えないのに、こんな地球の裏側で会えるとは!(笑)

会社を休んで友人と弾丸でやってきたそう(๑˃̵ᴗ˂̵)و

学生時代バックパッカー経験もある彼女は、ラパスからバスでやってきて、またバスで戻るんだとか!!(º ロ º )

短期旅行だというのに、さすがパワフル!!!

(ちなみに、帰りの空港でも偶然再会しました!(笑))

ちなみに夜ご飯はメキシコ料理屋さん【Restaurant JALISCO】にて。

ピザとタコスを頼みました。

どこのレストランもクチコミが悪くてっ(笑)

考え抜いた結果、結局当たり障りの無いお店にしました。

味は普通!

クチコミが悪いですが、私たちは特段問題なかったです!

やっぱり目につくのはヨーロッパの方々。

そして時々いるわずかな日本人。

人のことは言えませんが、みなさんこんな所までごくろうさまです(笑)

.

次の日のメインは星空!ヾ(*´∀`*)ノ

楽しみですよー!!!

.

参考までに、今回の旅に役立てたガイドブック。

↑ウユニ部分の掲載はちょっとだけですねー。

私はマチュピチュ旅行のときもお世話になったので、両方行く人にはいいかも!

↑私がウユニ塩湖に行きたくなった本。

旅の予算やアクセス、ベストシーズンなどが簡単に書いてあるので、旅行の行き先を決めやすいです。

この本のおかげで、まだまだ行きたいところはいっぱいですヾ(*´∀`*)ノ

.

ウユニ塩湖旅行記③に続く



コメント

タイトルとURLをコピーしました