ウユニ塩湖旅行記⑤トリックアート写真は意外と難しい?

南米



さて!

昨日一日ゆっくり休んだので、今日は元気いっぱいっ!

今日はどんな景色が見れるのかワクワクですっ!(๑˃̵ᴗ˂̵)و

今日の目玉は、朝日ツアーとトリックアート写真ですよー!ヾ(*´∀`*)ノ

朝日ツアーで「今日」の始まりを感じる

昨日閉じた「いちにち」がまた開き始めます。

ゆっくりと静かに。

確かな始まりを感じます。

ピンクの朝焼け。

青色とのコントラストがほんとに美しいっ!

徐々に視界が広がっていく。

目覚めのときが近づく。

新しい朝。

新しい景色。

.

自分さえも生まれ変わったような気になります。

(絶対何も変わっていないけれど。笑)

夜が明けたばかりで、なんとなく空気も澄んでいるように感じます。

明けきってからのばっちり現実。

ウユニ塩湖からホテルの帰り道で見かけた日本車。

なんか嬉しい(笑)

トリックアート写真にチャレンジ!

ガイドさんに、「トリックアート写真を撮りたい!」と言ったら、「あんなものの何がいいんだ?」と毒づかれました(笑)

そもそも、何もない乾期にお客さんたちを楽しませようと、ガイドさんたちが生み出した苦肉の策なんだそう。

今はトリックアート写真よりも、ウユニ塩湖の素晴らしい景色を見なさい!、と(笑)

ウユニ塩湖愛強め(笑)

.

というわけで、ガイドさんは手伝わないけど、撮るなら勝手に撮りなー、と。

ガイドブックによると、ウユニ塩湖の大地はほとんど高低差がなく、だだっぴろい白い大地なので、トリックアート写真が撮りやすいらしいっ!

れっつ!チャレンジ!

で、チャレンジした結果がこれ(笑)

なんかおかしい(笑)

.

人形と同じ場所に、立てていないっ!(笑)

じゃあ、塩を持って人形の高さをあげましょう、と。

大きさ問題、立ち位置問題はクリアっ!

でも、なんか雑(笑)

敗因はおそらく人形の大きさ!

私たちはちっちゃな人形で問題ないだろう、と考えていたのですが、そのせいで人間が大きく後ろに下がる必要があり、足下があわなくなってしまったのです!(笑)

全然できないっ!(笑)

そんな私たちを見かねたガイドさんが、最終的には手伝ってくれました(笑)

マシな仕上がりになった1枚(笑)

全然な仕上がりだけど、私が楽しそうだから採用!(笑)

.

数々の失敗を繰り返しっ!

到達した答えは!

小道具系は大きめを準備する

足下を隠した写真を撮る

この2点が重要!!!

以上2点をふまえっ!

できたー!!!

ええ感じやんっ!!!(๑˃̵ᴗ˂̵)و

.

でもガイドさんは、不本意そうなため息(笑)

トリックアート写真は好きじゃない、と言いながら、かなりこだわり強めで(笑)

つまらない写真を撮ってしまった。。。と(笑)

トリックアート写真があまりにもうまくいかなかったので、ガイドさんがGoProで遊び始めました!(笑)

ウユニ塩湖来るならこれくらい持ってきなよー、と(笑)

ごめんね。

ガイドさん(笑)

拾った塩の結晶。

あちこちに落ちてます。

ある程度の大きさのいいやつは、お土産屋さんで売られているそう。

迫力のあった夕日ツアー

昼間は全く雲がない晴天だったのに、夜に向けて雲が多くなってきました!

そのおかげでまた面白い景色っ!

龍みたいに見えますっ!

迫力満点!!!

灰色の雲のおかげで、なんだか水墨画みたいな景色。

太陽はあの雲の向こう側!

時折顔をだす太陽。

明るい世界と暗い世界のコントラストが、私好みですっ!

隙間から漏れでる紅い太陽。

なんか、ミサイル打ってるみたい(笑)

周りはどんどん暗くなり。

藍染めしたかのような景色。

なんだか闇に飲み込まれてしまいそうな、危ない美しさ(笑)

.

このあと2回目の星空ツアーに行きましたが、風があり1回目ほどの写真は撮れませんでしたー!

多めに日程取っててよかったです。

.

ウユニ塩湖旅行記⑤へ続く。



コメント

タイトルとURLをコピーしました