サンパウロから日本への引越し作業が快適だった件

サンパウロ生活



2022年の3月に本帰国したワタクシっ!ヾ(*´∀`*)ノ

引っ越しについてのあれこれを綴りたいと思います(๑˃̵ᴗ˂̵)و

.

おおまかな流れとしては、以下の通り

①引越し業者さんと今後について打ち合わせ

②船便出し

③航空便出し

我が家が利用した引っ越し業者さんは、日本人の方が窓口となってくれたので、お話しがスムーズで大変助かりました(´˘` )

①引越し業者さんと今後について打ち合わせ

まずは今後のスケジュールの相談や、保険の説明など。

荷物の量感などを見て、色々とアドバイスもしていただきました(´˘` )

相談した結果の我が家のスケジュールは以下のとおり

2/16 船便出し

3/8 航空便出し(100キロ分の荷物)

3/20 日本へ向けて出発っ!

船便が日本に届くまで、最速でも3ヶ月はかかるとのことで、できるだけ早い荷物出しを決意しました(´˘` )

(ちなみに、まだ届いておりませぬー!)

航空便も、日本に届くまで3週間くらいかかるそうでっ!Σ(‘ω’ノ)ノ

てっきり3日、4日くらいで届くと思っておりましたよ(;^ω^)

こいつは、色々しっかり考えなければ(;^ω^)

ちなみに追加料金なしでの航空便は、100キロまでですって!(´˘` )

ざっくり、大きいスーツケース4個分くらいだそうです(´˘` )

あれは?これは?と質問しながら、航空便のイメージを掴んでいきましたっ!(๑˃̵ᴗ˂̵)و

いくつかダンボールを持っきてくれました(´˘` )

気がききますヾ(*´∀`*)ノ

ちなみに、「不要なものがあれば、荷物出しのときに引き取りますよー」、と(ㅅ´³`)♡

衣装ケースとか、鍋とか食器とか、なんでも引き取ってくれるとのこと(´˘` )

引き取ってくれたものはブラジル人従業員が、近所にある教会に寄付してくれるそうです(ㅅ´³`)♡

ちょうど自分たちで持っていこうと思っていたので、非常にありがたかったですっ!!!ヾ(*´∀`*)ノ

②船便出し

朝8:30からのスタートっ!(´˘` )

打ち合わせ時には、「ブラジル人2人ほど連れて行くねー」とのことだったんですがっ!

結局7人引き連れてきてれて、総勢8名のおじさまたちが作業してくれました(笑)

というのも、船便出しは普通のご家庭で丸1日、荷物の多いご家庭だと2日ほどかかるとのことで。

我が家はなんやかんやと予定が詰まっておりまして、頑張って1日で終わらせようねー、と打ち合わせのときに言っていたのです。

それを聞いて、気を利かせてくれたようなのですよっ!!!(º ロ º )

超ありがたいっ!(ㅅ´³`)♡

(ちなみにおじさんたちばっかりなので、見られたくない下着などは事前に自分で箱詰して、「触らないで」と伝えておけば大丈夫でした(´˘` ))

私のスピリチュアルBOX(ㅅ´³`)♡フフッ

おみくじやお守り、厄除け用の砂や塩などが入っているんですが、なにやら戸惑いを見せるおじさま(笑)

確かにブラジルでは馴染みがないかも?(笑)

梱包された荷物がどこに置かれていたものか、ちゃんとメモをつけてくれました(´˘` )

さらには、荷物のすべてをリスト化もしてくださいました(ㅅ´³`)♡

ありがたやーヾ(*´∀`*)ノ

事前に、船便なのか航空便なのか、作業員に伝えるためのシールをもらっておりました。

よって、前日までに全部仕分けして、全ての荷物にシールを貼っておきました。

例えばこれなら「処分」シール。

パソコン系は個人情報とかデータ系が心配だったんですが、「復元できないくらい壊しちゃう」という話を聞き、おまかせすることにしました。

こちらの中に入っている洋服はすべて船便。

でもタンス自体はもう不要なので、処分してもらうようにお願いしました。

結果、どうやらブラジル人従業員のママ、ソフィアさんのもとに行くことになったようです(笑)

かわいがってもらえよー(笑)

こちらは電気毛布と、上に敷くラグ。

電気毛布の文化がないようで?

「なんだこれ?!なんだこれ?!俺にくれっ!」

と、非常にテンションがあがっておられました(笑)

このこたちは教会へっ!(๑˃̵ᴗ˂̵)و

.

おじさまたちが8人もいたので、なんと、半日で作業が終わりました(ㅅ´³`)♡

もちろん8人もいれば、中には動きの良くないおじさまもいらっしゃるんですが(笑)

それもまたブラジルらしくて良かったです(ㅅ´³`)♡

③航空便出し

航空便の荷物は少ないので、3名のおじさまたちが作業に来てくれました(´˘` )

我が家の運ぶものとしては、主に台所用品(´˘` )

日本に帰ってからすぐに自炊できるように、鍋や食器などを送ります(´˘` )

めっちゃ上手に包んでいただきました(ㅅ´³`)♡

こちらはリモートワーク用の机を包んでくれています(๑˃̵ᴗ˂̵)و

さらにはテレビっ子なので、テレビも一緒に航空便で送りますっ!

重さは22.2kgっ!

持って帰りたいもの、100キロ以内におさまるかドキドキですっ!(๑˃̵ᴗ˂̵)و

直前の旅行で買った大量のワイン。

なんと厳重なっ!

参考になります(ㅅ´³`)♡

だんなさまのスーツなどで16.2kg

ゴルフバッグ+ティッシュやら靴やらで19.6kg

台所用品たちは24.9kg

ここまでで、合計82.9kgっ!(´˘` )

残り17.1kgっ!ヾ(*´∀`*)ノ

そして詰めたいものを詰め込んだ先の、最後の1箱っ!ヾ(*´∀`*)ノ

運送業者さんの話しによると、「体積的に、ここを埋めればぴったり100キロになると思うよー」と。

よって、こいつらを追加しましたっ!ヾ(*´∀`*)ノ

その結果やいかに?!

おや?!

18.3kgっ!!!!

1.2kgのオーバー!!!!

あれあれ?

追加せぇへんほうがよかったんちゃう?(笑)

運送業者さん曰く、「1キロくらいならうやむやにすませますっ!ここはブラジルなんでっ!」と(笑)

心強いお言葉っ!(笑)

出発までの期間

さてさて。

航空便を出しましたが、2週間以上はまだこのお部屋での生活が続きます。

よって、最低限のものは手持ちで持って帰る、もしくは捨てて帰るということになります。

お部屋の掃除を頑張りっ!

荷物もある程度処分したあとで、

「いらないものは置いていってもらえば、こちらで処分しますよー。掃除も最後手配かけるんでしなくてもいいですよー」

と、我社から言われましたΣ(‘ω’ノ)ノ

ブラジルすげぇっ!という気持ち半分。

早く言ってよ!という気持ち半分(笑)

もちろん会社によって違うと思いますが、参考までに(´˘` )

生活感をめっちゃ残したままの旅立ちとなったので、日本に帰るという実感は正直湧きにくかったです(笑)

私の独り暮らし時代の家具たち。

運送業者のおじさまが、ヘルメット置きにしようっ!と言いながら持って行かれました(笑)

観葉植物もひきとってもらえましたよー!(๑˃̵ᴗ˂̵)و

個人的な感想

非常に楽しかった(笑)

事前準備さえしっかりしておけば当日は特にやることがないので、ソファーでちまっと、おじさまたちを見守るのみでした(笑)

めっちゃ快適(๑˃̵ᴗ˂̵)و

ほんとに何もしなくていいのか、ちょっとソワソワしたりもしましたが(笑)

.

それにしてもっ!

何よりゴミ問題がほんとにありがたかったですっ!!

引っ越し業者さんがなんでも引き取ってくれるし。

アパートの下にもリサイクルBOXが置いてあるし。

最終的には我が社の清掃業者が処分してくれるって言うし。

日本での新しいおうちは、それはそれは狭くって(´・_・`)

思い出にひたって「断捨離じゃあっ!」とか言ってる場合じゃなくってっ!(笑)

もう遠慮なくブラジルに色んなものを置いて参りましたよー!

断捨離時に捨てようか悩んだ洋服たち。

快適な新しい日本での生活のために、やむなく捨てましょうっ!( ´•̥ω•̥` )

ありがとうやでー( ´•̥ω•̥` )

残念ながら積み忘れの荷物があったり、「持って行かないで」と言っておいた荷物が持って行かれちゃったり、ということもありましたが(笑)

(後ほど取り返しましたが、このあたりは注意しておいた方がよいと思いますっ!)

総合的には、思った以上に快適な引越し作業でございました(๑˃̵ᴗ˂̵)و

ブラジルすげぇっ!ヾ(*´∀`*)ノ

↓からの、日本で心折れそうになった話。。。

日本での洗礼その②ゴミの分別に心折れる
ゴミ捨てがめちゃめちゃ、大変だー!!!!!





コメント

タイトルとURLをコピーしました